出会い系 被害

出会い系被害を予防するための全知識!

「出会い系でどんな被害があるか」「安心して使いたい」などなど、
出会い系の被害はどんなものか、どうやって対処すべきか、気になりますよね。

 

出会系の被害を避けるには!

 

あらかじめ気をつけておくことで対策が簡単にできます。

 

 

出会系で主に男性が遭う被害・対処法
出会い系のサクラ・手口
被害に遭わないための出会系の選び方3つのポイントとオススメ3選

 

まず、安心できるサイトを見たい方はコチラ

 

ピーシーマックス(18禁)

★ワクワクメール★

こんなのもあります
優良コミュニティなので安心!

恋愛・婚活におすすめの華の会メール

→→【無料体験受付中】←←


Pairsもよい

 

しかし出会い系サイトにおける被害や相談は、今もって多く、国民生活センターの報告によると、2012年の国民生活センターへの「出会い系」に関わる相談件数は21,131件、そのうち利益誘引型のサイトに関する相談は5,365件ということです。

 

1. ネットワークビジネスによる被害

 

女性と出会えたけれど、会ってみるとネットワークビジネスの勧誘だったり、というケースもたまにあります。最悪のケースだと男性が数名出てきて、囲まれてしまい断られずに餌食になってしまうこともあるらしいですよ!

 

会うまでは何かの勧誘とかネットワークビジネスの勧誘とか、わからないですよね。でも、最初のコンタクトからやたらと親しげだったり、いきなり自宅に呼ばれるということもあるらしいので、そういう時は警戒したほうがいいですね。

 

ネットワークビジネスなどの勧誘による被害を受けないために

 

相手の自宅にいきなり呼ばれたり、最初から親しげであまりにもフレンドリーな感じの場合は警戒が必要です
あまりに美味しい話だったら警戒心を持つこと
最後は自分の意思できっぱりと断ること(考えると伝えて1回連絡を絶つというのもひとつのやり方です)

 

2.盗難目的による被害

 

女性とホテルに行ってHまで出来そうになって大喜びの時に、シャワーの最中に金品を持ち去られるケースなど最悪ですよね。これも最悪のケースだと身分証明書を悪用されたり、財布に入っていた家族や勤務先の連絡先などにバラすなどという恐喝にまで及ぶケースもあるようです。こわい!

 

これは美人局などに脅かされるケースと同様に、未成年や既婚者を相手にしていたために、警察に通報できず泣き寝入りをするケースも有り得ます。

 

盗難による被害を受けないためには!

 

なるべく大金や金品、身分証明書を持たずに待ち合わせ場所に行く
未成年や人妻とわかった場合はHしない(人妻目的の場合もありますが。。。)
いつでも財布は近くに置いておくようにする

 

○出会い系サクラの最新の手口

 

大手の出会い系は、安全面に最大限配慮してくれていますが、サクラはゼロではありません。そして実はサクラの手口もどんどん巧妙になってきており、今までと同じ考え方ではうまく対処できない人も出てきたようです。

 

それから、キャッシュバッカーや美人局、盗難目的の女性もいるため安心できません。

 

 

そこで、巧妙化するサクラの手口と、見極めるためのポイントをお話しします。

 

1. じっくりと、充分にメール等でやり取りをした後に、LINEに誘導してくるケース

 

今までのサクラの見分け方として「美男美女」が「すぐにLINEに誘ってくる」ことで見破れるケースがありましたが、最新の手口は巧妙化しており、じっくりとするケースも有るようです。

 

「中の上の外見(もちろんそれより上も)の女性」が「アプリ内でのメールを5~6通交わした後」にLINEに誘ってきます。

 

また、「LINEが迷惑であれば、このままでも」というスタンスで誘ってくるため、素人なのかサクラなのか判断が難しく非常に巧妙な手口です。

 

●LINEに誘われたタイミングで見分ける方法

 

LINE交換した直後に相手がアプリを退会していないか確認する(退会していれば高確率でサクラです!)
女性の方から男性に対して、積極的に質問や出会い等のアプローチをしてくる
・LINEを数通やり取りした後で、メールへの誘導をしてくる

 

LINEで数日間ラリーを行った後にメールに誘導されます。具体的なデートの話等もし始めた辺りで、サクラは次のように動いてきますよ。

 

・LINEの調子が悪いからメールで連絡を取れないかな?

 

携帯のアドレスはxxxxxxxxxx@i.softbank.jpなんだけど、迷惑メール設定していて届かないかもしれないから、ダメだったらxxxxxxxx@yahoo.co.jpに連絡して。
こんな風に、携帯のアドレスを一応出して、信用度を上げようとします。
が、案の定、携帯のメールアドレスにはつながらず、フリーメールのアドレスでやり取りすることになります。

 

因みに、LINEを始めたころに「ごめん、最近LINEの調子が悪くて」という伏線まで張ってるので、かなり自然な流れでメールへ誘導される感じです。

 

メールに誘われたタイミングで見分ける方法

 

携帯のメールを教えてこない、もしくは送信できない
「LINEが調子が悪い」というタイミングが不自然ではないか

 

LINEの証拠を消しに来る

 

メールでのやり取りを5〜6通行ったところで、再び動いてきます。

 

本当にLINEが使えなくて、詳しい友達に聞きながらLINEを再インストールしたから、新しいURLで私を追加して欲しい!
この時、URL自体はLINEのものなのですが、URLをクリックしても「友達は見つかりません」と表示されます。また「友達に聞いた」と、自分は詳しくはないが、専門的なアドバイスは受けているというスタンスで依頼をしてくるので、すごく自然に受け止められる感じです。

 

で、見つからないと伝えると、次はこんな発言をしてくる。

 

詳しい友達に聞いたら、私の前のアカウントが残っていると見つからないみたいなんで、一旦私の昔のアカウントとトーク履歴を削除してみて。それでやり直して!

 

この時、サクラとのやり取りを消しても、もちろん友達追加はできません。

 

これは、LINEという選択肢を消すということと、後々の証拠が残らないようにトーク内容を消すという目的があると思われます。

 

LINEの証拠を消しにきた時の見分け方

 

新しいアカウントが見つからない
トーク履歴を削除してほしいと言ってくる

 

. ゴール地点であるブログへの誘導

 

「LINEもダメだったし、ブログで会話をしよう」という流れで、ブログや他のサイトへの登録を要求してきます。ここに登録してしまったら、アウトです。サクラの思うツボです。後ほど高額な請求が来るかもしれませんよ。

 

ただ、LINEを始めたばかりの時に以下のような発言をしていて、ブログへの抵抗感を取り除こうとしているため自然な流れになっていて、うっかり登録しないようにしましょう。

 

私のことよく知ってほしいからブログのURL載せとくね?xxxxxx.com
このブログ自体は登録等も不要で読むことができるため「この人はブログをやっているんだ」と刷り込ませるための巧妙な手口です。

 

以上のようにどんなに自然な流れでも、「登録」は絶対に行ってはいけません。

 

ブログに誘導された時の見分け方

 

聞いたことのないサイトへの登録を求めてくる